• ホーム
  • シミに効果がある成分って?ハイドロキノンが注目されています!

シミに効果がある成分って?ハイドロキノンが注目されています!

シミのケアをしたいと考えているものの、どのような成分に注目したらいいのかわからないという方もいるでしょう。そのような方が注目するべき成分の1つに、ハイドロキノンがあげられます。ハイドロキノンは、シミの改善や色素沈着の抑制などに効果が期待できます。具体的にどのような効果が期待できるのか考えたうえで、自分に合っているものか判断するのも1つの手です。

そもそもこの成分の働きとしては、シミの原因になるメラニン色素が作られるのを防ぐという点があげられます。メラニンはメラノサイトという細胞で作られています。ハイドロキノンはメラノサイトという細胞の働きを弱める効果も期待できます。原因から対応することで、高い漂白作用が期待できるというのも特徴の1つです。

漂白作用があるといわれると、悪影響がないのか心配という方もいるでしょう。副作用が出ることもありますが、基本的にハイドロキノンというのはイチゴ類やコーヒーさらには紅茶などに含まれています。天然に存在する成分でありながら、還元作用があるので写真の現像にも使われています。そして現像していた人の肌が白くなったことがきっかけで、美白作用が注目されるようになりました。

日本だとなじみがないと感じる方も多くいますが、アメリカでは美白だとハイドロキノンが主流ともいえる存在です。メラニン色素の合成を阻止するだけではなく美白効果もあるからこそ、多くの方に注目される成分になっているのです。

また一般の化粧品に使われることもありますが、高濃度のものはクリニックで治療に使われるケースも見られます。特にシミやニキビ跡の色素沈着などに効果が高いので、クリニックの治療で使われることも多いのです。ただしハイドロキノンは単独だと浸透性が高くないため、クリニックではほかのものと併用して使って効果を高めるということもあります。

例えばハイドロキノンが併用されるケースの1つに、異なる役割を担っているものとの組み合わせがあげられます。ハイドロキノンの主な役割というのは、新しくメラニン色素ができるのを阻害することです。そのため今あるシミを治すという意味では、直接的に作用は期待できません。そこで今あるシミを治すものと併用して使うことで、原因と予防という2つの視点から対応していくケースも見られます。このようにハイドロキノンはシミに効果がある成分として注目されているので、自分の症状に適していそうなら試してみるのも1つの手です。