• ホーム
  • 劣化させないように注意しよう!ハイドロキノンの保存方法とは?

劣化させないように注意しよう!ハイドロキノンの保存方法とは?

ハイドロキノンを使ってシミ治療をしようと考えている方も多くいます。そのような場合に注意しなければならない点の1つに、ハイドロキノンの保存方法の問題があげられます。適した保存方法ができていない場合には、薬の効果が得られないもしくは肌トラブルの原因になってしまう可能性もあります。

実際にハイドロキノンを保存するときは、熱と光に弱いという点を押さえておきましょう。もしも夏場に直射日光が当たるような場所に保存していたら、中身がすぐに酸化してしまいます。酸化したら効果がなくなってしまうので、捨てるしかありません。当たり前のことですが、捨てると買うために使った費用が無駄になります。金銭的な無駄を防ぐためにも、正しい使い方を心がけることを忘れてはいけません。

正しいハイドロキノンの保存方法というのは、密封して冷蔵庫で保管するというものです。密封して冷蔵庫で保管することによって、酸化の原因になる熱や光などを防ぐことにつながります。またしっかりと保管しているものでも、酸化しやすいということには変わりません。そのため開封したハイドロキノンは、1ヶ月で使い切ることを心がけましょう。

ハイドロキノンを購入するとき、安く買えるという理由から個人輸入代行でまとめ買いをする方もいます。安く買うためには有効な方法ですが、まとめ買いをすると保管している間に酸化する可能性があります。未開封でも保存方法が悪いと酸化しやすいので、使う分だけその都度買うようにすることも大切です。個人輸入代行であれば、その都度購入しても病院で処方されるときのように診察代が毎回かかることはありません。

実際にハイドロキノンを使うときには、保存方法以外の注意点も含めて確認しておくことが大切です。例えば使っている期間中は、紫外線のダメージを受けやすくなるなどの注意点があげられます。効果があるといっても、長期の利用は肌を弱くするもしくは白くしすぎてしまうなどの問題点もあります。ちょうどよい形で使うためにも、使用上の注意は必ず確認することが大切です。

また、ハイドロキノンはほかの薬と併用して使用するケースも見られます。別の薬と併用する場合、異なる注意点が必要になるかもしれません。薬ごとに保存方法や使用上の注意が異なることもあるので、個別に確認しましょう。また保存方法などの点でわからない点があれば、医師に相談したり評判を参考にするのも選択肢の1つです。