• ホーム
  • 日焼けした肌はアフターケアでトラブル知らず!おすすめする方法とは?

日焼けした肌はアフターケアでトラブル知らず!おすすめする方法とは?

日焼けした肌をそのままにしておくと、シミなどの原因になってしまうこともあります。シミのようなトラブルを防ぐためにも、日焼けした後はしっかりとアフターケアをすることが大切です。シミだけではなく、肌のくすみやごわつきさらには乾燥などさまざまなトラブルにつながる可能性があります。正しい方法でケアを行って、きれいな状態を保てるようにしましょう。

そもそも日焼けというのは軽いやけどのような状態です。そのため日焼けした直後という場合であれば、肌が赤くなっているもしくは熱を持っているということがあります。そこで最初に行うべきアフターケアとなるのが、肌を冷やすという点です。赤く熱を持っている部位を冷やすことで、炎症を抑えることが大切です。また、冷やし方にも注意が必要になります。保冷剤を使って冷やそうと思っても、直接肌にあてると刺激が強いかもしれません。そこで保冷剤を使うときは、タオルでくるんでからあてるようにするのも1つの手です。濡らしたタオル使って冷やすことも可能です。

肌を冷やした後に大切なポイントとなってくるのが、失われた水分を補ってあげるという点です。日焼けした場合、肌から水分が失われている状態でもあります。そこで失われた水分を化粧水などで補うことで、炎症を抑えてケアすることにつながります。ただし肌がヒリヒリ痛むほど炎症が悪化しているなら、スキンケアは少し休むようにしましょう。また、日焼けした直後の行動だけではなく、その先のケアもトラブルを防ぐうえでは重要なポイントの1つです。例えばアフターケアの方法の1つに、美白化粧水などに切り替えるというものがあげられます。紫外線のダメージが肌に蓄積しないように美白化粧水に切り替えることで、シミなどを防ぐことにもつながります。

化粧水などで外側からケアするだけではなく、内側からトラブルを防ぐということも忘れてはいけません。肌トラブルを防ぐために、ビタミンCなどの栄養素をしっかりと摂ることも大切です。ビタミンCだけではなく、バランスの取れた食事をすることで肌を内側から整えていくことにつながります。

さらにきれいな肌の状態を保つために、睡眠時間にも気を使うようにしましょう。睡眠不足の状態が続くと、肌のターンオーバーが乱れてしまう可能性もあります。睡眠時間をしっかりと確保して、肌の再生が問題なく行われるようにすることも必要です。さまざまな視点からアフターケアをすることで、トラブルを防いでいくことが可能です。